動物園にて ~ ペンギン編
- 2013/09/30(Mon) -
今日で九月もおしまい

疲れを引き摺ったまま月末になり・・・昨日は更新も出来ず終い。

折角お越しくださった皆様、本当にごめんなさいね。



本日も帰宅は遅くなりそうなので朝更新、って云っても超手抜きの写真だけですが。


文句なしに愛らしいペンギン。

ヨチヨチ、チョコチョコ・・・


宜しければご覧下さいませ。


DSC09536.jpg





DSC09535.jpg 




DSC09540.jpg 




DSC09538.jpg 





DSC09539.jpg 





今日も一日元気で~~~

頑張ろうねっ

DSC09542.jpg

~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~





今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | 休日 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
狼の挽歌
- 2013/09/28(Sat) -
今日は出勤してお仕事しようと思っていたけれど、

昨日の残業で疲れ果て、出勤日を明日に変更。
(遊びに行って疲れただなんて、どの口をもってしても云えませんから!!!)



さて青い池の次に向かった先は旭山動物園。

一週間前からこの日は雨予報が出ていたけれど、ホテルもこの日しか空き部屋がなく

二人のお休みもこの日しか都合が付かず強行に予定を組んだので動物園見学。


何を隠そうこの私、旭山動物園は今回が初めて。

娘が小さい頃は、足しげく帯広動物園に通いましたが、

本当は、動植物は自然の中で見たいというのが本音。


  
 

白熊、ペンギン、猿、アザラシが人気のようですが、

私の目を釘付けにしたのはこの狼。



雨に濡れた姿は、群れていながら孤独で切なげ?で


狼の目が中々頭から離れず・・・長い時間立ち尽くしていました。



DSC09518.jpg



絶滅してしまった北海道のエゾオオカミとは、タイリクオオカミの亜種で、


ニホンオオカミの2倍~3倍の大きさがあり、北海道や樺太、千島などに生息。




DSC09517.jpg 


群れで行動し、エゾシカなどを獲物とし

アイヌの人達とは、自然と共生していく為のルールを守り共存していました。



でも森が開拓されエゾシカが乱獲された事により

餌が乏しくなった狼たちは家畜を襲い始めました。



DSC09519.jpg 


政府は懸賞金を懸けて狼の駆除を奨励し、



ある牧場では毎日数十頭の狼が毒殺されたと云います。




DSC09523.jpg


駆除により個体数が激減し、

更に1879年の大雪でのエゾシカ大量餓死などで



危機的状況に追い込まれ生きる術を失った狼は

急速に数を減らし絶滅してしまったそうです。



DSC09516.jpg 


人間の都合で、

時には崇められ、時には邪魔者扱いされてしまう運命の動物達。


人間よ、驕る事なかれ。



オオカミの森、

そこには、孤独で悲しげな眼をした狼の姿がありました。
 



DSC09524.jpg 
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~








今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
この記事のURL | 祈り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
じぇ じぇ じぇ
- 2013/09/27(Fri) -
25日朝6:00、どしゃ降りの雨の中 友人と二人一泊旅行に出発


考えてみれば・・・友人とは随分長い付き合いですが、

泊まり掛けの旅行なんて一度もなかった私達。


学生気分よろしく大はしゃぎで出発したものの

走るほどに、進むほどに・・・ゲリラ豪雨が私達を追いかけて・・・


それでも何とか三時間かけて美瑛・青い池に到着


今回の目的地はここじゃないけれど・・・


この近くを通ったからには立ち寄ってご挨拶せねばと


傘をさして一年振りの青い池へ





DSC09495.jpg 

霧が立ち込め


池の色は濁り???



これが同じ青い池かと思うほど茶色が混じり


白い枯れ立木だって雨に濡れて茶色っぽくて



じぇ じぇ じぇ!!!


DSC09494.jpg



友人と二人顔を見合わせ、暫しお口あんぐり



"これって許せない"とのたもうたわが友


"自然ってこんなものでしょ"


と悟り顔で言っては見たものの、私だってショック ショック



DSC09496.jpg 



関西方面から観光に来ていた女性二人連れが


"わぁ~~~綺麗 感動!!!"


なんて言ってたけど・・・青い池の美しさはこんなものじゃないと一人呟きながら




DSC09498.jpg 



30分ほど青い池を眺めお別れ。


こんなに雨が降っちゃ行く処はここしかないでしょ。と


次に向かったのは、旭川の旭山動物園







動物の写真をいっぱい写してきましたが


身体が疲れ過ぎで、写真の整理がさっぱり出来ていません。


少しずつご紹介出来たらと思っております。



DSC09509.jpg 
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~





今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

この記事のURL | ぼやき | CM(2) | TB(0) | ▲ top
人の世の常ですから~~~
- 2013/09/25(Wed) -
ある偉い哲学者は言いました。

「速く働く心は病んでいる。ゆっくり働く心は健全である。不動の心は神聖である」と。






DSC09437.jpg 

私達がいらいらしている時には、決まって心が速く動いているようです。



また、心が速く動いている時こそ、いらいらしてしまいます。




DSC09484.jpg 


逆に落ち着いている時には、心はゆっくり動いています。



また、心がゆっくり動いているからこそ、落ち着く事ができます。




心と気持ちは、連動しています。



DSC09486.jpg 

貴方にも心当たりがありませんか?

瞑想は、速く動く心を、本来の穏やかさに戻すためにあり・・・
 


忙しく振り回される社会の中で生活していると、スピードに乗せられがちで、


親も先生も皆「速く速く」と急がせます。



DSC09489.jpg 
(ブレブレ だって早く食べたくて・・・焦ってましたモン)



仕事でも勉強でもスピードが要求され、油断をするとすぐ差ができてしまいます。

差ができると、つい焦る気持ちが強くなり

「もっと速くしなければ」と余裕がなくなり、

いらいら いらいら~~~



そういう時こそ、目をつぶって深呼吸。



ほんの僅かな時間でも、想像以上の効果があります。 


DSC09438.jpg  

 
焦った時に急ぐものではありません。


焦った時こそ、速く動く心をゆっくりさせる事が必要なの。




一休さんも言っていました。


"あわてない 慌てない ひとやすみ 一休み" ってねっ。 



さぁ これから友人と一泊旅行に出掛けま~~~す。



急がず 慌てず 安全運転出来たら・・・いいなぁ~~~


解っていても出来ないのが人の世の常だから・・・



生憎の雨だけど・・・それでもお出掛けは嬉しい私。



雨にもマケズ

風にもマケズ

DSC09490.jpg 
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~







コメ欄とじますが、お返事遅くてもいいよ~って方は
何処からでもお入り下さいね。

今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・
      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
この記事のURL | Magdalenaの雑記 | ▲ top
一路一心
- 2013/09/24(Tue) -
一昨日美唄へお墓参りに行く道すがら、

遠くに真っ黄色な原っぱが広がっていて

吃驚するような景色が私の目に飛び込んできました。


"あれはきっとキガラシ?"なんて思いながらも、

道を急いでいたので途中下車もままならず

"どうぞ帰りまでそこにあります様に"と祈りながら一路お寺へ。




帰り道、まだそこには黄色い野原がありました。

よくぞご無事でと嬉しくなり、脇道に入っていくと・・・


なんと なんと それはキガラシではありませんでした。

その名はひまわりさん。



DSC09446.jpg


DSC09458.jpg   


真夏の向日葵と違って、黄色も薄く葉の緑も柔らかく儚げ


でも向日葵は太陽に向かって精一杯咲いていました。



その姿に・・・胸いっぱい




DSC09452.jpg 



数人の男性カメラマンがお喋りしながら撮影中でした。


DSC09460.jpg  DSC09459.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「一途一心」とは

ひたすら、ひたむきということ。一つ事に命を懸けること。



DSC09451.jpg 



そう云えば去年2月18日に、天皇陛下の心臓バイパス手術を執刀し、

その名が全国に広まった天野篤さん(順天堂大学医学部教授)が

上梓されたご本が


『一途一心、命をつなぐ』 



DSC09450.jpg 



時期外れの向日葵を目にして

何故、この一途一心という言葉を思い出したのでしょうね?





DSC09457.jpg
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~








今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

この記事のURL | 祈り | CM(2) | TB(0) | ▲ top
きらきら輝いて・・・
- 2013/09/22(Sun) -
 二、三日肌寒い朝が続きましたが、

三連休の初日はとっても穏やかな小春日和。


残念ながら私は、三連休にはならず初日は出勤。

残業をして、何とか二連休は確保。
 


本日は美唄へ我が家のお墓参り、明日は叔父のお墓参りに小樽へ。


何だか連日お墓参りで終わってしまいそうな感じですが・・・







本日は写真だけの手抜きで失礼して・・・ごめんなさいね。




DSC09477a.jpg 




DSC09479.jpg 



お墓参りの帰り道、


秋風に吹かれながら陽の光をいっぱい浴びて

キラキラ輝いていたすすき



息をのむ程・・・綺麗でした。







どうぞ楽しい連休になります様に。



DSC09476.jpg

~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~








今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

この記事のURL | 休日 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
あぁ 私 焦っちゃう~~~
- 2013/09/20(Fri) -
やっと辿り着いた大好きな金曜日、今週も恙無く終わりそうでホッ。




いつもお邪魔させて戴いているブロガーさんの記事にも、昨日の新聞にも載っていましたが、

大雪山系の旭岳で19日、初冠雪が観測されたそうです。 

 
DSC061911.jpg




秋と冬がいっしょに 大雪山旭岳で初冠雪


気象庁が観測する山では、国内で今季一番早い冠雪。

昨年より25日、平年より6日早い初冠雪。

上空に10月中旬並みの寒気が入った為、雪が舞った模様。


"「旭岳ロープウェイ」によると、午前5時すぎの気温は3度でぐっと冷え込み
山頂から麓にかけては、赤く色付いたナナカマドや黄色いダケカンバ、
緑色の針葉樹が交じり、 紅葉の見頃。
それに雪が加わって、鮮やかなコントラストになった"
のだそうです。


DSC06068.jpg  DSC06189.jpg

なにを隠そうこの私、来週旭岳へ行こうと予定していたところ。

あぁぁ 焦っちゃう!!!


秋が深まり朝晩の気温が下がってくると、

草や木の葉は赤や黄に色づき、やがてひらひらと舞い落ちます。
 

お山で見る木々の紅葉には心打たれる美しさがあり 
 


DSC06080.jpg




紅葉の時期 "日本の御国に生まれてよかったなぁ"と。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



DSC05703.jpg 


承安年間のこと、高倉天皇がまだ十歳の頃、



紅葉を大変愛されて、庭に築山を設え紅葉を植えて一日中眺め暮らしていらっしゃった。



DSC06127.jpg 


ある夜、激しい風が吹いてその紅葉をさんざんに吹き散らしてしまった。



翌朝、庭掃除の召使たちはその紅葉を集めて掃き捨て、

その上、風の寒い朝であったので、残った枝や散った木の葉を集め、

それで焚き火をしてお酒を温めて飲んだそう。



DSC06185.jpg 


  そのことを知った帝の側近は、逆鱗に触れると青くなった。



紅葉がすっかり姿を消したことを高倉天皇に尋ねられ、

おそるおそる次第を奏上したところ、



DSC05838.jpg 



帝は頬笑んで


「「林間に酒を煖めて紅葉を焚く」という詩の心を、誰がお前たちに教えたのか」


と感心され、何のお咎めもなかったそうな。
        
 (『平家物語』六 紅葉)


めでたし めでたし。






紅葉写真は全て昨年のものです。


"寒暖の差が大きいので、今年の紅葉は大いに期待出来そう"と

ひとりニンマリしている今日この頃。


それにしても・・・初冠雪ちと早過ぎじゃありませんこと!!!


DSC05817.jpg
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~





今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

この記事のURL | 呟き | CM(4) | TB(0) | ▲ top
十五夜さんですから・・・お団子でしょ!!!
- 2013/09/19(Thu) -
本日9/19は 中秋の名月(十五夜)、
そして綺麗な満月が見られそうなこちら地方!

天体専門サイトastroartsによれば名月の当日に満月が見られるのは、
今年を逃すと2021年までおあずけになるのだそうです。


会社帰りに、ススキを摘んで~~~

お団子食べながらお月見・・・ 夜が楽しみ~~~な私。







DSCF8069.jpg 



DSC09395.jpg


DSCF8083.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

言葉には不思議な力があり、


時には傷つけ、時には励まし救われる。



DSC09382.jpg 



言葉はどれだけ選んでも選び過ぎという事はないでしょう。




相手のことを思いやった言葉を使いたいものです。



DSC09383.jpg 


思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。




言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。



DSC09415.jpg 



行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。


習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。


性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから


        マザーテレサ





今日も一日元気で頑張りましょうね~~~


DSC09397.jpg

~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~







今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
この記事のURL | Magdalenaの雑記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
自分よりも大切に思うこと
- 2013/09/18(Wed) -
本日もピカピカの晴れ、でも吹く風はひんやりとして肌寒いくらい。

今朝の最低気温は10度なり。

そろそろ本格的な紅葉間近かな???


来週友人と一泊で紅葉を見に行く予定を立て、ホテルも無事リザーブ


ワクワクしながらいつしか深~~~い眠りに落ちたわたくし、


今朝は完璧な朝寝坊   またやらかしたぁ~~~







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




死んでは生き返ってを繰り返し、

100万回もの生を受けた猫がいました。



DSC09372.jpg 


DSC09370.jpg   DSC09371.jpg



猫にはいつも飼い主がいました・・・その数100万人。



皆、猫が死ぬとワンワンと嘆き悲しみましたが、

猫自身は一度も泣いたことがありませんでした。




DSC09354.jpg 


ところが、この猫に見向きもしないものがいました。

それは美しい白い猫でした。

猫は腹を立てました。


そして毎日毎日、白猫に

「俺はすごいんだぜ、なんてったって100万回も生きたんだから」と、
自慢話をしに行きました。



白猫は気のない相づちを打つばかりでした。
今日も猫は「俺はすごいんだぜ」と言いかけて、途中でやめました。  



猫  
(写真 お借りしました)


そして「そばにいてもいいかい?」と尋ねました。

白猫は「ええ」とだけ言いました。 



2匹は常に寄り添うようになり、

一緒にいることがなによりも大切に感じるようになりました。



それからかわいい子猫がたくさん生まれ、

猫はもう得意の台詞、「俺はすごいんだぜ」を言わなくなりました。




DSC09359.jpg 


いつのまにか自分よりも、

白猫や子猫たちのことを大切に思うようになっていました。 




やがて子猫達は巣立って行き、白猫は少しお婆さんになりました。

猫は、白猫と一緒にいつまでも生きていたいと思いました。



ある日、白猫は猫の隣で、静かに動かなくなっていました。



DSC09356.jpg 


猫は白猫の亡骸を抱いて、生まれて初めて泣きました。


100万回泣きました。そしてぴたりと泣きやみました。 




猫は、白猫の隣で静かに動かなくなっていました。


それから猫は、もう決して生き返りませんでした。 









このお話があなたの琴線に触れ


心に何かが残れば幸いです。



DSC093621.jpg 
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~








今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村




この記事のURL | 祈り | CM(4) | TB(0) | ▲ top
散りぬべき とき知りてこそ・・・
- 2013/09/17(Tue) -
台風一過のロンポポ地方、本日はピカピカの晴れ

皆様お住まいの地方は、台風18号の被害はありませんでしたか?

テレビのニュースを見て悲惨な状況に驚いております。


被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。








「散りぬべき とき知りてこそ 世の中の花も花なれ 人も人なれ」


DSC09341.jpg 


細川ガラシャ夫人の有名な辞世の句です。



時期は関ヶ原の合戦前夜。
 

夫は東軍の徳川家康側に着いて関東に、 自分は大阪にいるので、

西軍の石田光成の勢力圏に取り残されている。



DSC09336.jpg 



明日にも西軍の人質として囚われるのが解かっている。
 


自分が人質になれば、夫は信念を曲げて西軍に味方しなければならなくなる。

でなければ自分は西軍に殺されるから。




DSC09342.jpg


夫にとって自分が生きていることが障害になっている。

自害しなければならないが、自分はクリスチャンで自殺は禁じられているので

家臣に自分を殺せと命令するしか道はない。




自分は夫の足枷とならないように、死ぬ時期をわきまえている。


主の妻を殺すのを家臣は気がとがめるだろうから、ふすまの裏にすわり槍で貫かせよう。


こうして、たまは自死しました。







散るべき時期を悟っているからこそ、花は花であり人は人なのだ。




DSC09343.jpg 
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~










今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村


お時間がありましたら、追記に歴史小説『細川ガラシャ夫人』の
あらすじを載せておりますのでご覧下さい。
この記事のURL | 呟き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ