PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私の禁欲的生活ってなんだぁ~~~

今日で10月もおしまい 


って事は、もう月末・・・私、これより10日間は大繁忙期


世間様はハロウィンのようだけど・・・


" 関係ないモン" なんて強がり言っちゃった。


最近、一年が過ぎるのが早くて吃驚。




DSC09918.jpg



子供の頃は、一年が長くて 、飽きちゃった記憶があるのに~~~



あの頃が・・・懐かしい私。



DSC09931.jpg 




月末月初は、猫の手も借りたい程なんだけど、



我が家に猫ちゃんいないから、

仕様がないから、ロンポポの手を借りてなんて考えたけど・・・




DSC00040.jpg 



Mickle fails that fools think.
(馬鹿が考えていることは、たいてい役に立たない)




DSC00010.jpg   DSC00016.jpg




なのでせっせと仕事に勤しむ事にしようっと!!!




DSC00005.jpg




暫くは、禁欲的生活に突入


禁欲的って・・・






私の禁欲的って何だぁ???


DSC09933.jpg

~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~









今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・
      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ



スポンサーサイト
[ 2013/10/31 12:00 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)

倖せへの滑走路






今 を 生 き て 



この星に生まれて

どれだけのめぐり逢いがあったんだろう



DSC00028.jpg  DSC00004.jpg



数え切れないほどの出逢いがあって、数え切れないほどの別れがあって



たくさんの喜びを感じ

たくさんの悲しみも感じて



たくさんの愛をもらって

たくさんの愛も失って




DSC00011.jpg




明日への道は


厳しくつらいものかもしれない

楽しい事ばかりではないかもしれない




DSC00014.jpg 



でも 生きていけると信じて

絆は切れぬと信じて



一歩一歩 歩んで行きたい


ずっとずっと




DSC00021.jpg 





今のつらさは幸せへの滑走路


大きく羽ばたくための滑走路だと思って、


腐らず  焦らず  頑張れ toi et moi


 DSC00025.jpg 
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~









今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・
      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2013/10/30 11:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

つぶやき

昨日から我が愚娘は、東北の友人のところに遊びに行っています。


木曜日には、帰ってくるのですが喧嘩相手がいなくて・・・ちと淋しい



娘がお嫁に行ったら多分こんな感じかな???





DSC09912.jpg 





あの時、あんな事がなかったなら・・・こんな事にはならなかった。
 
あの時、あの人にさえ合わなかったなら・・・こんな事にはならなかった。



あの時、あんな事をしなかったなら・・・こんな事にはならなかった。

あの時、あそこへ行きさえしなかったな・・・こんな事にはならなかった。 





   DSC09928.jpg 



あの時、もっと勉強しておけば……こんな事にはならなかった。

あの時、あんな事さえ言わなかったなら・・・こんな事にはならなかった。 



あの時、はっきり断ってさえおけば・・・こんな事にはならなかった。

あの時、"好きだ"と言ってさえおけば・・・こんな事にはならなかった 等々





DSC09934.jpg 



日々、後悔の連続ですが

過去を否定する事は、自分を否定する事。





自分を受け入れるとは、自分の過去を肯定する事。  




 DSC09893.jpg





自分を肯定して生きるとは、


よくも悪くも"あの時、あんな事があったから今の自分があるのだ"と思うこと。

 
心の底から納得して、過去を肯定して生きる。



  

今の自分があるとは、幸せな自分であることもあるだろうし

悩み苦しんでいる自分であることもある。 




DSC09880.jpg 
   


 だから過去からなにかを学んで・・・





過去はひとりひとりになにかを教えようとしているのかもしれない。 








また  あ し た 



DSC09908.jpg 
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~







今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・
      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2013/10/29 11:30 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

お 見 事 !!!

今朝は何だか寒い~~~と思いながら目を覚ましたけれど・・・まだ6度もあった。

そんなに冷え込んだ訳じゃなかったわ。


寒くなると段々、朝起きるのがおっくうになってきますよね。

いっそ冬眠でもしてしまいたい心境。





DSC09878.jpg 



何気なく使っているモミジという呼び方と紅葉という漢字には



どんな意味が込められているのでしょうか? 




DSC09879.jpg 



資料によればモミジとは

『万葉の時代、木や草の葉が、秋が深まり急激な寒さで緑色の葉から揉みだされるように、

葉がだんだんと色づく現象を「もみつ」という動詞で表現し、


その名詞形が「もみち」「もみぢ」となったようです』とありました。 
 



DSC09942.jpg  DSC09935.jpg



本当に誰かが手で揉んで絞り出さなければ、

あんなに奇麗な色は出てこないと思う気持ちが理解できます。




ところで、現代ではモミジは一般的に

「黄葉」ではなく「紅葉」という漢字を当てていますが、

『万葉集』では 、そのほとんどが「黄葉」という漢字を当てているそうです。




DSC09976.jpg




この時代は黄葉(モミジ)とは、秋になって冬枯れを前にして、

黄色を基調に木や葉草の葉の着色全般のことを全てそう呼んでいたようです。




後に、このモミジに「紅葉」という漢字を一般的に用いるようになったのは、

平安時代以降に、モミジやカエデと呼んでいる植物が秋になると、

葉の色が神様の手で揉みだされた血のように赤く染め出されるため、

この植物への色変わりの意味を強めて使われるようになったそうです。




DSC09986.jpg




今では日本を代表する植物ですが、

人々はこの赤く染まる植物に特別の愛着を感じ、

江戸時代から次々と新しい品種を作りだしてきました。


今では原種、園芸品種を合わせて四百種類以上あるそうです 




DSC09875.jpg 



神様の手で揉みだされ、赤くなった時のグラデーションは

お見事の一言。






 ま た あ し た


DSC09897.jpg

~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~









今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・
      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ



[ 2013/10/28 10:30 ] Magdalenaの雑記 | TB(-) | CM(-)

女の意地と見栄を張って・・・

あっと云う間に二日間の休日が終わろうとして・・・


いつもだったら、この時間が一番切ない時





DSC09903.jpg



お休み前、あれもしたい、これもしたいと計画を立てるんだけれど・・・



さっぱり予定通りに出来ないままお休みが終わりかけて

ショボン。





DSC09884.jpg 


ところが、本日はとても穏やかな一日だったので、



朝からベランダの鉢ものやお庭のミニトマトの残骸をお片づけして



小綺麗になったので大満足。




DSC09913.jpg 




一週間前はさっぱり紅葉していなかった近くの公園も



只今紅葉真っ盛り 




DSC09998.jpg 




あまり綺麗だったので、ロンポポと写真を撮りにいってきました。



僕達、木に縛りつけられたでしゅ~~~


格好 悪いでちゅわ!!!





DSC09979.jpg 





DSC09969.jpg 




疲れて本日のBlogは臨時休業にしようかなって思ったけれど・・・




それは、怠慢ってものでしゅ。




DSC09971.jpg 





女の意地と見栄を張って写真の整理に精を出しましたので、




宜しければ、ちょこっとだけ写真をご覧下さい。





そう そう 見栄は大事でちゅわ。

見栄って??? なんでちゅの???







僕だって・・・意地を張ることあるでしゅよ~~~



ママに叱られたら、拗ねて意地張ってプイしましゅ~~~



DSC09988.jpg 

~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~







今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・
      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ



[ 2013/10/27 23:30 ] 休日 | TB(0) | CM(0)

友とその愛犬に捧げる鎮魂歌

親しくしていたブロ友さんの愛犬が不慮の事故で

一ヶ月程前、虹の橋を渡った事を知りました。



この記事は数年前にUPしたものですが、

もしかして友人の目にとまり、お辛い気持ちが少しでも救われたらと思い

更新し直す事にしました。
(写真だけは今日写してきた天使の梯子と差し替えました)









動物と暮らしている方なら誰でもご存知の「虹の橋」中の第二部です。


DSC09963.jpg 






虹の橋

 雨降り地区 

 


幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、

「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。


そこではいつもシトシト冷たい雨が降り、

動物達は寒さに震え、悲しみに打ちひしがれています。



そう、 ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん

特別な誰かさんの流す涙なのです。 
 

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、

仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。


ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも・・・。



DSC09914.jpg 



でも、1年経っても2年経っても、

ずっと「雨降り地区」から、出て行かない子達もいるのです。


地上に残して来てしまった、

特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、


とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。


地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、

同じ悲しみに凍えているのです。



DSC09966.jpg



死は全てを奪い去ってしまうものではありません。


同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、

あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。


地上にいる特別な誰かさん達の、

幸せと愛に満ちた想い出こそが、「虹の橋」を創りあげているのです。 
 


ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。

彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。


そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。




DSC09964.jpg


命の儚さと愛しさを。

束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。

癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。



DSC09898.jpg 



思い出してください。

動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。

「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。


信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから。 






いっぱい泣いて・・・涙が枯れたら



その時は、きっと背筋を伸ばして前を向いて・・・

元気になる事を祈っています。



DSC09961.jpg 
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~









今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・
      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2013/10/26 20:00 ] 祈り | TB(0) | CM(0)

鬼女紅葉

本日のロンポポ地方、風が唸りを上げ雨はざぁざぁ。
暴風警報が出されています。

 

どちら様も、十分お気を付けて下さい。







DSCF8235.jpg 


鬼女紅葉



その昔、会津の伴笹丸・菊世夫婦は第六天の魔王に祈って娘呉葉を授かりました。


娘が才色備えた美しい女性に成長した時、

一家は都に上って小店を開き呉葉は紅葉と名を改めて琴の指南を始めました。



 ある日、紅葉の琴の音に足を止めた源経基公の御台所は

紅葉を屋敷に召して侍女と致しました。




DSCF8200.jpg 



紅葉の美しさは経基公の目にも止まり、公は紅葉を召して夜を共にしました。


 経基公の子を宿した紅葉は、公の寵愛を独り占めにしたいと思うようになり、

邪法を使い御台所を呪い殺そうと計りましたが企てが露見してしまい、

紅葉は捕らえられ信濃の戸隠へ流されてしまいました。




DSCF8234.jpg



 信濃に至り、川を遡ると水無瀬という山里に出ました。



「我は都の者。御台所の嫉妬で追放の憂き目にあいなった。」

と語る麗人に純朴な里人は哀れみ、内裏屋敷を建てて住まわせました。




DSCF8193.jpg 




紅葉は喜び、里人が病に苦しむと占いや加持祈祷で直してあげたのでした。

 紅葉は付近の里に東京、西京、二条、三条、などの名をつけて都を偲んでいましたが、



月満ちて玉のような男の子を産むと、

その子を一目経基公に見せたいと思うようになり、

兵を集め力づくでも都へ上ろうと考えました。




DSCF8231.jpg


 里人には「経基公より迎えが来たので都へ戻ります」と言い置き、

戸隠荒倉山の岩屋に移ると、戸隠山中の山賊を配下とし、村々を襲い軍資金を集めました。 

 

 その噂が冷泉天皇の知るところとなり、天皇は平維茂に紅葉征伐を命じました。


 平維茂は山賊共を打ち破り、紅葉の岩屋へ攻め寄せますが、

紅葉は妖術を使い維茂軍を道に迷わせます。  
  



DSCF8265.jpg 




 妖術を破るには神仏の力にすがるほかないと別所温泉北向き観音に籠もり、

満願の日に一振りの宝剣を授かりました。



 意気上がる維茂軍を紅葉は又もや妖術で退けようとしましたが宝剣の前に術が効きません。




DSCF8237.jpg 


やむなく雲に乗って逃げようとする紅葉に、

維茂は宝剣を弓につがえて放つと、紅葉の胸に刺さり、地面に落ちて息絶えました。


享年33歳と伝わります。



人々はこれより水無瀬の里を鬼のいない里・鬼無里と言うようになりましたとさ。






やっと週末ですね。


このお方を真似て・・・ゆるりと参りましょうかぁ~



DSCF8206.jpg

~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~







今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・
      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ



[ 2013/10/25 10:30 ] Magdalenaの雑記 | TB(-) | CM(-)

この小さくて愛しき者たちへ

あと一日頑張ったら嬉しい 〃  休日。


日一日と寒さが増している北の大地ですが、


そんな寒さの中でも、吃驚する程暖かな日もあったりします。



やがて訪れるモリトーンの世界、

その前にシックな枯葉色の世界を楽しまなくちゃ~~~






DSC09775.jpg 


かけがえのない

君達がいてくれるから


今 私はここにいる



君達がいてくれたから

私は強くなれた


君達がいてくれたから

私はやさしくなれた




DSC09778.jpg   DSC09780.jpg




君達がいなければ

私は立ち止まったままだった



君達の笑顔が

私を前に進ませてくれた




DSC09774.jpg  DSC09788.jpg




君達は私の光


君達は私の道しるべ


君達は私の存在そのもの




DSC09784.jpg 



言葉ではとても言い尽くせない




心の隙間を埋めるたくさんの優しさ 





DSC09792.jpg




君達に出逢えた私は



かけがえのないものを手に入れたんだよ




かけがえのない者たちに、おやつをどうぞ!!!

でしゅ~~~






また あした お逢いできますように。



DSC09757.jpg

~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~









今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・
      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2013/10/24 14:00 ] 祈り | TB(0) | CM(0)

せめてこんな日は、心ほっこりと

台風27号
10月23日10時30分発表 強い台風第27号は、23日9時には南大東島の南約210kmにあって、
西北西へ毎時15kmで進んでいます。
中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速は40m/sです。
この台風は、24日9時には南大東島の西南西約100kmに達し、
25日9時には南大東島の北北東約300kmに達する見込みです。
26日9時には伊豆諸島近海に達するでしょう。
台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要です。


台風28号

10月23日10時30分発表 猛烈な台風第28号は、23日9時には南鳥島の南南西約650kmにあって、
西北西へ毎時35kmで進んでいます。
中心気圧は905hPa、中心付近の最大風速は60m/sです。
この台風は、24日9時には父島の南東約800kmに達し、
25日9時には父島の東南東約290kmに達する見込みです。
26日9時には日本の東に達するでしょう。台風周辺海域および進路にあたる海域は、
しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要です。

と載っていました。
26号の時の様な悲しく残念な事にならない事を祈るばかりです。








ネットで見つけた心がほっこりするお話



kasa01_c_02.png
赤いかさ  

年齢 :40代  性別 :男性  職業 :教職員 住所:庄原市



今、外に降る雨を見てふと思い出した出来事があります。
あれは、そう・・・6月 梅雨空の続くある雨の日の事でした。


放課後、1人の子が
「先生 木に傘が引っかかっています。」
と職員室へ呼びにきました。
 


行ってみると,木の枝の少し高いところに、
赤い傘が1本、開いたまま引っかかっています。 


kasa01_c_02.png 
 
取ってみると、傘に1年生の女の子の名前が書いてありました。

「きっと、風でも吹いて引っかかったのだな。今頃困っているだろうな。」

「でも・・・引っかかったのなら職員室まで言いに来たら良かったのに。」

と思いながら家の方に電話をしました。


nagagutu01_b_02.png

その子はまだ帰っておらず,お家の方に事情を説明して、
明日返すから心配しないようにその子に伝えて欲しいとお願いして電話を切りました。



すると暫くしてその女の子のお父さんから、学校に電話がかかってきたのです。

そして

実は・・・

と言いながら娘から聞いた事を話してくれました。

kasa01_c_02.png

かさが木に引っかかって取れなくなったんじゃなくて、
 娘がわざとその木に引っかけてきたそうなのです。


 私も驚いて、どうしてそんなことをしたのか聞くと,

 娘が言うのには、その木はとても大切な木なんだそうです。
 かわいい実がたくさんなる木なんだそうです。

 実を採っていたら、突然雨が降り出して、
どうしようかと困ってしまったそうです。


 そこで,持っていた自分のかさを思わずその木にかけて、
その大切な実に雨が当たらないようにして帰ってきたそうです。」

nagagutu01_b_02.png 


「いやー,本当にお騒がせな娘です。
 困ってしまいますよ。
 まあ,そういうわけでしたので,大変お騒がせしました。」

と言うお父さんの声は,どこかしら少し嬉しそうでした。
 

次の日に,赤い傘を取りに来た女の子の少し恥ずかしそうな顔を見ながら,
私の心も少し温かくなったことを、つい昨日の事の様に覚えています。


nagagutu01_b_02.png

今日もこの雨の下、どこかで優しい心を持った子が
傘を持ちながら困った顔をしているのではないかな?


と少し心配に、そして、ほのかに期待しながら

窓の外に降る雨を今見ています。

イラストは、お借りしました。kasa01_c_02.png 



また  あした

DSC08723.jpg


~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~









今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・
      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2013/10/23 14:00 ] 癒し | TB(0) | CM(2)

一 途

先日の風邪をぶり返した様で、イマイチ体調が・・・



皆様、健康管理にご留意を。

等とさっぱり体調管理の出来ていない私が言った戯言。








DSC09754.jpg 


一途に生きているから


星が飛び


花が燃え




DSC07196.jpg




天地が躍動
 

するのだ




DSC09737.jpg  DSCF8281.jpg 




雲が呼び



草が歌い



石が唸るのだ



DSC09739.jpg 



一心に生きているから



この手が合わされ




DSC07157.jpg   DSC07151.jpg




憎しみを愛に変えることが



できるのだ
  

 一途であれ
   



DSC07207.jpg




人生は 一度きり



DSC07160.jpg




だから 一つの道を
  

一途に 生きて ゆきたい






DSCF8280.jpg
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~







今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・
      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2013/10/22 14:10 ] 願い | TB(0) | CM(2)