まるで 脱兎のごとく
- 2014/06/30(Mon) -



とうとうやって来た月末

暫くは早朝出勤で頑張らなくっちゃね!!!


昨日はあまりお天気は良くなかったけれど、


娘と二人、 晴れ間にぬって森林浴に出かけて来ました。




DSC09793.jpg




もうすっかり夏色緑




虫もいっぱい  ウヨウヨ、フワフワと・・・




DSC09781.jpg 



DSC09778.jpg






のんびり森林浴って事には さっぱり成らず・・・




何故って


この娘、私よりもはるかに虫恐怖症






DSC09776.jpg 



オゥー  ギャアー と雄叫びを上げながら 


走る 走る




まるで脱兎の如く






DSC09797.jpg



そんなに気温も高くないのに(19℃位)・・・




冷汗がタ~~~ラタラ




DSC09792.jpg 


お蔭様で??? 大声を出し、思いっ切り走り


ストレス発散出来た一日???

だった事でしょう。



皆様にも 森林浴のお裾分け

ご遠慮なさらずに・・・お受け取り下さいませ。









さぁ 一週間元気を出して頑張りましょう。





DSC09788.jpg

~いつも 変わらぬ応援 ありがとうございます~ 





今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 






 

スポンサーサイト
この記事のURL | 癒し | CM(0) | TB(0) | ▲ top
たゆたえども 沈まず 
- 2014/06/28(Sat) -
折角の休日だと云うのに・・・


あぁあ  雨なんか降っちゃって~~~~






花々の涙

DSC09763.jpg








きっと 明日はいい日になるよ



DSC09765.jpg 



頑張っている貴女にエールを 




DSC09767.jpg 





DSC09764.jpg 



みんな みんな 笑顔が一番 似合うよ!!!







Fluctuat nec mergitur



DSC09768.jpg


~いつも 変わらぬ応援 ありがとうございます~ 









今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 





 
この記事のURL | 祈り | ▲ top
もっと もっと SIMPLE & NATURAL LIFE
- 2014/06/27(Fri) -
やっと週末に辿り着いたけど、月末間近という事で嬉しさ半減な私。


おまけに濃霧が発生し陰々滅々。






DSC09702.jpg 



"癒し"という言葉を耳にしない日は無い程




現代人は疲れ、癒しを求めているのでしょうか? 
  




DSC09071.jpg   




人によって癒しの感覚も違うでしょうし

私など・・・癒されたと感じる感覚事態が定かじゃなくて・・・ 



 
"多分ほっとする無我の境地?かなぁ"


なんて漠然と考えています。 





DSC09551.jpg  




今、私達が生きている社会で、

今まであった価値観が大きく変化しているその中で


模索しつつ揺れ動きながら毎日を生きている。




DSC09421.jpg




思いがけない事に出くわしながら、



そのストレスによる心身の歪みを修正しながら過ごしています。  
 



DSC09069.jpg




これに効き目のある特効薬などある筈もなく、

生活のために自分自身の体をどこかに忘れてきたかのように頑張っている人、



そうした渦の中へ入ることを躊躇い日々悩む人と、人様々。  




DSC09190.jpg





ストレスに押し潰されそうになる程がむしゃらに働いてクタクタになるよりも


もうこれ以上文明や医学の進歩望まず・・・贅沢を求めず ・・・








もっと 肩の力を抜いて SIMPLE & NATURAL LIFE 

    
 
DSC09660.jpg  
~いつも 変わらぬ応援 ありがとうございます~ 




今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 






 
この記事のURL | 願い | ▲ top
僕は便器以上・・・でしゅから~~~
- 2014/06/25(Wed) -
良いお天気は中々長くは続かないこちら地方


朝から霧??? なのかヂリなのか??? 冴えないお天気


あれだけ雨が降ったのに・・・まだ降り足りないの???






DSC09736.jpg 




雨はもういいでちゅわ


あたち 飽きちゃいましたから~~~




DSC09744.jpg 


お散歩に行けなくて・・・


困るでしゅから!!!




ネツト上で拾ったちょっと笑えるお話


医療費についての考察



日本の医療費は先進国中、他の追随をゆるさないほど安いんだよ。

初診料日本2,400円に対して、アメリカ平均20,000円

物価がはるかにやすい中国よりも日本の方が安い。


これでもまだ高いっていうのか??


ってゆーか、水道トラブル5,000円、トイレのトラブル8,000円で、


おまえの体のトラブル2,400円だぞ。便器以下かおまえ。





DSC09746.jpg 



 四月に入院した時、10万弱 掛かったって


ママが吃驚してたでしゅよ。





僕 便器以上でしゅ!


間違いありましぇん


毎月のお薬代だって一万円だってママいつも云ってましゅから。







DSC09747.jpg


 


ロンちゃんの入院費で・・・


おやつ いっぱい買えたでちゅねぇ~~~






DSC09748.jpg  DSC09750.jpg



本当でしゅねぇ~~~




しょうがないから・・・お水でも飲む事にしましゅか!!!







あたちのママなんて(我が娘)


"お腹空いたら唾でも飲んでいなちゃい" 
って云うでちゅわ




あぁ 無情




DSC09745.jpg

~いつも 変わらぬ応援 ありがとうございます~ 





今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 






 

この記事のURL | 天使の呟き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
心 凍らせて・・・
- 2014/06/24(Tue) -
爽やかな青空が広がっています。

昨日は予想どおり、

体は痛い、仕事は山盛りな最悪な一日でしたがそれなりに恙無く終わりました。


年々 体力の衰えを感じている私。

そろそろシニア???


DSC08265.jpg 


僕は11月で10歳  とっくにシニアでしゅ~~~

お仲間しゃんですねぇ~~~



犬と人間の年齢の概念は大きく異なり、人間よりも犬の方がはるかに年を取るのが早くなり

個体差はあるけれど、約7年を過ぎたら概ねシニア犬扱い。



DSC05057.jpg 



 長い間共に暮らしてきた犬が自分よりも先に年老いていくという事は切なくもあるが、

時に支えあい、共に生きたその年月はお互いにとって唯一無二の想い出。



DSC08649.jpg  DSC03893.jpg



同じ時を過ごしたその記憶と引き換えに、

死へ向かいながら生きていくという運命に従い、

最終ゴールまで励ましながら見届けてあげるという覚悟が

共に走る事を選択したパートナーとしての役割の一つ。



DSC09984.jpg 


あたちだって・・・9月で7歳でちゅわ。

あたちがシニア???


ちょんなの ヤダぁ~~~



愛する者との別れは、この世に生を受けた者の宿命であり最大の試練。 

 

残された者と去っていく者が同じ時間を生きた時、

喜びと悲しみを共有しながらその想いを胸に、


ありがとう、さようなら、そしてこんにちは。



DSC08652.jpg



巡り合えてありがとう。

人生の1ページをともに過ごしてくれてありがとう。


残された思い出は、きっと別の世界でまた巡り合う時の道標。



DSC07221.jpg   DSC03690.jpg





 

そんな事を考えながら、

その日が少しでもゆっくりやって来る事を祈り


心 凍らせている私がいる。



DSC09965.jpg

~いつも 変わらぬ応援 ありがとうございます~ 


今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 





 
この記事のURL | 祈り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明日が・・・恐ろしや!!!
- 2014/06/22(Sun) -
花の命は短くて・・・なんて云うけれど


休日の命は更に短くて、苦しきことのみ多かりき。






DSC09295.jpg



長雨が上がって見れば、我が家のお庭は草ぼうぼう


木々はたっぷり水分補給をしたらしく、にょきにょきと枝を伸ばし天まで届け状態


見るも無残なジャングルと化し・・・




DSC09455.jpg




仕様がないので・・・か弱きこの私め

高枝鋏と剪定鋏を振り回し、格闘の二日間



足も腰もパンパンに張って痛いのなんのって・・・




痛いのよぉ~~~




肩までコ~~リコリ!!!



DSC09456.jpg 



あぁ ローマは一日にしてならず







明日が  恐ろしい!!!


仕事になるんだろうか???




DSC09444.jpg

~いつも 変わらぬ応援 ありがとうございます~ 








今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 






 

この記事のURL | ぼやき | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Lucky or unlucky ???
- 2014/06/21(Sat) -
今日は、夏至

一年で一番、昼の時間が長い日






長く降り続いた雨もやっと上がり青空が広がりました。

いよいよ北国にも夏が始まろうとしています。



DSC09723.jpg



お天気が回復したので、

数日前に地元紙に載っていた物をやっと見に行く事が出来ました。
 




DSC09713.jpg   DSC09714.jpg


DSC09719.jpg 



この植物が何だか皆様お分かりになりますか???



笹の花です。




DSC09716.jpg 


笹はほぼ60年に一度、花を咲かせて実を付けた後枯れるそうです。



咲いたら株ごと枯れてしまい凶作とも言われているそうです。 




DSC09709.jpg  
 

 

なんとマダケ(真竹)は120年に一度とか。

 どちらにしても 滅多にない事なので、見れた人はラッキーかも?





もっとも、咲く時期はそれぞれの個体(地下茎でつながった株)によって違うので、



場所を変えれば毎年見れる可能性もありますが・・・



DSC09710.jpg  




毎年どこかで笹や竹の花が咲いているという事は、

『笹や竹の実がなると何かが起こる』というのも迷信に過ぎないのでしょうが・・・



DSC09711.jpg 



昔は不吉な予感、前兆等と言われ、
忌み嫌われていたらしいです。



大地震の前にも咲いていたとか?




DSC09720.jpg   DSC09708.jpg            


 一方、突然降ってわいた餌に山ネズミは狂喜乱舞して喜ぶとか???



DSC09718.jpg 


イネ科の竹や笹は、  


栄養価が高く、つまり其の後はネズミが大発生するという事らしいです。
 




では また明日




DSC09722.jpg 

~いつも 変わらぬ応援 ありがとうございます~ 








今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 






 

この記事のURL | 休日 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
薔薇は薔薇!!!
- 2014/06/20(Fri) -
やっと雨が上がり、

雲の間からほんの少しだけ青空が覗いて・・・嬉しいですね。





DSC09692.jpg



サボテンの棘は葉が変化したものですが、薔薇の棘は茎の表皮が変形したもの。

薔薇は棘を持つことで草食動物からの被害を減らしています。


 たとえ新芽などを食べられることはあっても、茎までは食べられることはありません。
 

そして、草食でない動物も棘にさされると痛いので避けるので、身が 守れます。 


 
DSC09687.jpg


「美しいバラにはトゲがある」といわれますが、

クレオパトラは恋人のアントニウスを迎える部屋の床にバラを敷きつめ、

マリー・アントワネットは寝室をバラ模様で埋めようとしたし、

ナポレオン皇妃のジョセフィーヌは約二百五十種を集めたバラ園を造りました。



DSC09691.jpg
 


バラに魅了されたのは女性だけではありません。
 

ドイツの詩人リルケはバラについての美しい詩をいくつも残しましたが、

バラの棘に刺された傷がもとで急性白血病の徴候が生じサナトリウムに入院、

白血病により51歳で死去。


DSC09689.jpg


遺言によって墓碑銘に指定された詩
Rose, oh reiner Widerspruch, Lust,
Niemandes Schlaf zu sein unter soviel
Lidern.

薔薇よ、おお純粋なる矛盾、
それだけ多くのまぶたの下に、誰の眠りも宿さぬことの
喜びよ



DSC09688.jpg 



野 ば ら 

Franz Peter Schubert   Heidenröslein  Op.3-3 D.257
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ 作詞 

DSC09693a.jpg



童は見たり 野中のばら
清らに咲ける その色愛でつ
あかず眺むる
紅におう 野中のばら
   
手折りて行かん 野中のばら
手折らば手折れ 思い出ぐさに
君を刺さん
紅におう 野中のばら
    
童は折りぬ 野中のばら
手折りてあわれ 清らの色香
永久にあせぬ紅におう 野中のばら


DSC09675.jpg 



1815年の数多いゲーテ歌曲のひとつ。


歌詞はドイツの民謡 『あれ野のばら』 をもとにして、
ゲーテが民謡風に歌った、 1771年の作品で、ウェルナーが曲をつけたものも有名です。



DSC09694.jpg 


1770年、当時21歳の学生だったゲーテは友人に連れられて、
ゼーゼンハイムという 田舎の村の牧師の家を訪れました。


そのとき紹介された、牧師の家の三女・ブロンドのおさげ髪のフリーデリーケにゲーテはひとめぼれし、
やがてふたりは恋に落ちました。


DSC09684.jpg 


フリーデリーケは18歳。ふたりの交際は、ほぼ1年にわたって続きましたが、
大学を卒業したゲーテは何もいわず彼女のもとを去っていってしまいました。

「野ばら」 が書かれたのはその後のこと。 



残されたフリーデリーケはずっと独身のまま、その生涯を終えたそうです。



清らかに咲くバラが無情にも折られてしまう詩は、ゲーテが恋人を裏切り、
 類い稀な美しい心を深く傷つけてしまった自責の念か・・・







花びらの傷んだ薔薇ばかりでごめんなさい。

でも 薔薇は薔薇。


明日は待ちに待った土曜日 素敵な休日になりますように。



DSC09690.jpg
   
~いつも 変わらぬ応援 ありがとうございます~ 




今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 






 

この記事のURL | Magdalenaの雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Requiem
- 2014/06/18(Wed) -
とっても青空が恋しい・・・ですね。


最後に青空を見たのは、いつだったっけ~~~



DSC00982.jpg 



(ホームページ『坂村真民の世界』より転載させて戴きました)

『わたしは墓のなかにはいない』 
          坂村真民



DSC08524.jpg




わたしは墓のなかにはいない
わたしはいつもわたしの詩集のなかにいる




だからわたしに会いたいなら
わたしの詩集をひらいておくれ




DSC08530.jpg



わたしは墓を建てるつもりで
詩集を残しておくから
どうか幾冊かの本を わたしと思うてくれ



DSCF8083a.jpg




妻よ 三人の子よ
法要もいらぬ 墓まいりもいらぬ
わたしは墓の下にはいないんだ


虫が鳴いていたら
それがわたしかも知れぬ 


DSC08514.jpg




鳥が呼んでいたら
それがわたしかも知れぬ 


DSC01109.jpg

 



魚が泳いでいたら
それがわたしかも知れぬ





DSC09201a.jpg




花が咲いていたら
それがわたしかも知れぬ





DSC09175.jpg




蝶が舞うていたら
それがわたしかも知れぬ



DSC09123.jpg



わたしはいたるところに
いろいろな姿をして とびまわっているのだ





DSC00123.jpg




墓のなかなどに
じっとしてはいないことを知っておくれ



DSC069891.jpg



*この詩は、昭和40年9月に発行された自費出版詩集「もっこすの唄」
に載っている詩です。 「千の風になって」とほぼ同じ趣旨の詩です。

今から約40年前に作られている訳で、
真民さんは、遺言でもこのことをきちんと残しています。


花が咲き、鳥や蝶がが忙しく飛び出すと、
あなたの周りに、真民さんが飛んで行っているのかもしれません。




でも でも・・・私 蝶々は恐い



DSC07459.jpg

~いつも 変わらぬ応援 ありがとうございます~ 




コメントのお返事が遅くなってごめんなさい。
少しだけお時間下さい。
今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 






 

この記事のURL | 祈り | CM(2) | TB(0) | ▲ top
切ないけれど・・・
- 2014/06/17(Tue) -
長期予報では、火曜日から雨は上がる事になっていたけれど・・・

予報は予報

やっぱり今日も雨。



ここ一か月の間に、足しげく通わせて戴いている方のワンちゃん二匹が

虹の橋を渡りました。


どちらのワンちゃんも大型犬で、飼い主さんの愛情いっぱいに育ち

年齢も10歳をはるかに越え、他人から見れば天寿を全うしたと思う年齢なのでしょうが

飼い主さん的には、まだまだパピーのままの愛らしさで・・・


悲報に出合うと、他人事ではなく我が身と重なり・・・






事ある毎に思い出して自分に言聞かせているこの詩




切ないけれど・・・生きとし生ける者のさだめ




DSC09668.jpg




最期の闘い


私が旅立ちへの最期の闘いを始めた時、


きっとあなたは悲しみ、 涙を流す事を私は知っている。



私も悲しい・・・・


でも私は苦痛と闘い、涙を流す事さえ出来ないかもしれない。

そんな時・・・私の体に手を置きあなたの暖かさを下さい。



DSC09670.jpg





それで私はきっと安心できるから。


私の目があなたを見る事が出来なくなるまで。



私は幸せだった。






DSC09653.jpg 





あなたの精一杯の愛を感じ生きる事ができ、


そして あなたより早く最期の闘いを始める事ができて。



私にはわかる、もうすぐ闘いをはじめなくてはならない事を


私は闘う、一秒でも長くあなたの顔が見れるように。




でもわかって下さい、この戦いは決して勝利できない戦いだという事を・・
 

愛しい人よ、心せよ、準備せよ、 私の最期の闘いにむけて・・・






DSC09584.jpg






心よりご冥福をお祈り申し上げます。




合掌





DSC09669.jpg

~いつも 変わらぬ応援 ありがとうございます~ 




今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 






 

この記事のURL | 祈り | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ