名残の桜景色
- 2012/05/25(Fri) -


爽やかな朝。



名残を惜しむ言葉に、雪なら名残雪



去り行く春(桜)を惜しめば・・・名残の桜


日本語って・・・風情があっていいなぁ!





---昨日見た名残のさくら---

DSC03099.jpg 



兼好法師は、


『徒然草』の一節でこう語っています。




DSC03088.jpg 



花(桜の花)は満開の頃だけを楽しむものだろうか。



DSC03120.jpg 



いや、


その始めと終わりこそ情緒があるというもので、
 



 DSC03156.jpg   DSC03161.jpg




世の中の事、あるいは恋愛においても月においても





DSC03121.jpg 

その始まりと終わりが一番美しいものである。・・・と




DSC03159.jpg 


儚さ、ものの哀れを感じた名残のさくら




DSC03160.jpg 


散る桜、残るさくらも散る桜






如何でしたか?



こちら地方、まだ名残の桜を愛で楽しんでおります。



DSC03162.jpg

~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます





       






今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・     

           
      ポチっとね~~   

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村    
    
   
     
 
  









 


















スポンサーサイト
この記事のURL | 憩いのひととき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<千羽鶴に願いを託して・・・ | メイン | ちょっと小休止>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kf1950.blog63.fc2.com/tb.php/1075-799b2a8d
| メイン |