弥生の空に微睡む(まどろむ)しあわせ。
- 2013/03/27(Wed) -
今日も良いお天気。


来週辺りで雪もすっかり融けてしまいそうな予感。




昨日撮った桜の写真が少しだけ残っているので

もう一日だけお付き合い戴ければ幸いです。








DSC08065.jpg



今年の北海道の冬は異常なほど降雪が多く、

桜の開花は一体どうなるんでしょうね???

 

本州方面の方のBlogを読んでいると、

一気に桜が開花し、今が盛りと咲き誇っているようですが・・・  
 


北国に住む私達にとっても、

桜の季節、それはそれは待ち遠しいもの。 
 



でも、桜前線が北海道の中央部まで来るには、

5月初旬まで待たなければなりません。




DSC08068.jpg



春は陽気で、とても快く、

心まで温かくなるような季節ですが、何か切ない様な季節でもあり・・・



別れがあったり、出会いがあったり。



「桜」の季節に因んで、

「人生の儚さ」について、少しだけ・・・




DSC08063.jpg




作家の林芙美子さんは、

「放浪記」にご自分の人生を振り返って、

" 花の命は 短くて 苦しきことのみ 多かり"
という有名な歌を残しています。



確かに、桜の花は短い命。


でも、たった2週間余りの命でも、一所懸命咲いています。


そして、はらりと一片 桜の花は散り川面に浮かび。
 

一夜の雨、一陣の風に散る桜は人生のはかなさを感じさせるもの。


パッと咲いて、パッと散る様は、

昔は潔く終わる事の例えにも使われましたが・・・ 




DSC08067.jpg



" 散る桜 残る桜も 散る桜‥・ "


確かに私たちは誰もが、いつか必ず死に直面し、

死と対峙しなければならない時が来るのですね。



北海道は、一年の1/3近くは雪の中の生活ですので、

百花繚乱の花の季節は本当に短く、あっという間に過ぎてしまいます。



桜の花の命は短いけど、

美しく咲いてパッと散っていくのです。







さくら  さくら


弥生の空に幸せが微睡む。


DSC08064.jpg
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~








今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~     
           
 
 


スポンサーサイト
この記事のURL | 独り言 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<春一番はこれ!!! | メイン | 桜の花に、亡き母の笑顔が重なり・・・>>
コメント
-Re: まなべっちさんへ-
こんにちわ
コメントありがとうございます。

やっぱり、まなべっちさんも新聞記事読んだですね。
待ち焦がれている春ですもんね。
(まなべっちさん家は、次女ちゃんが綺麗な桜を咲かせたけど・・・)

実は、サンガーデンの桜は終わりかけで
あんまり綺麗じゃなかったんです。
(去年の方がずっと綺麗でした)

早く大地に根ざして咲く桜が見たいですね。

まなべっちさんのワンズ写真、とってもいい感じに映ってますよ~~~
2013/03/29 11:18  | URL | Magdalena #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんにちは。

私も新聞の記事を読んで
サンガーデンに行ってみたかったのですが
行けずにいましたi-201

でもマグダレーナさんの写真を見て
十分満足してしまった私i-278

とっても桜の優しさが伝わってきて
素敵な写真になっていますねi-184
(私もそんな写真が撮れるように頑張らなきゃi-199

早く温室以外でも桜が見られますようにi-189
2013/03/28 11:47  | URL | まなべっち #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kf1950.blog63.fc2.com/tb.php/1412-1540fc43
| メイン |