生きるのも、死ぬのも 大変
- 2017/02/06(Mon) -
ご訪問ありがとうございます。




今日は、午後から叔母のMRI検査に付き添って病院へ行って来ました。

所要時間・三時間半は長いですね。


家に帰って来たら、流石に疲労感に襲われてしまい・・・








作家の佐藤愛子先生。

痛快な話しっぷり・書きっぷりがお見事で昔から大ファンでしたが、

老いて益々味わいが深まり魅力倍増


DSC09719.jpg





「人間の煩悩」(幻冬舎)でこう言っています。

「老いの時間は死と親しむためにあり」「生きるのも大変だが、死ぬのも大変」 と。



医療の進歩で長寿化が進み認知症を招く。

認知症は病気でないので治療法がないと、世の不条理を説く。






いつも変わらぬ応援、本当にありがとうございます。
とっても励みになっております。


スポンサーサイト
この記事のURL | 独り言 | ▲ top
| メイン |