スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪虫が舞いはじめて

  06, 2017 11:50
ご訪問ありがとうございます。

本日もピカピカの晴れ
数日前から、雪虫が飛んでいるこちら地方です。

真っ白くて儚げで綺麗なんだけど・・・(人の身体に当たると忽ち死んでしまうのが厭)


私は五十歳頃から、死とか 六道輪廻、前世、来世、そんな事ばかり考えていました。
この世に生きるすべてのものは、六道の世界に生と死を何度も繰り返して、
彷徨い続けるということ。



「六道」は生前の行為の善悪によって、
死後に行き先が決まる六つの世界(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)。


「輪廻」は、車輪が回転してきわまりないように、霊魂は不滅で死後また生まれ変わるという考え方。





業は、カルマともいます。


DSC09885.jpg 




カルマとは、
「後の世に、ある結果をもらたす、前世の行ない」

先祖代々、何百世代も前から背負ってきた過去の記憶がカルマ。
過去世から伝えられてきた遺伝子の記憶です。






DSC00072a.jpg 



よく云う「業が深い」というのは、
大昔からの過去世の記憶を背負ってきている、自分では気がつかないもののことをさします。


業が深い人は、当人にとつては普通にやっていることや、全く悪いと思っていないことが
問題を起こしてしまいます。




「長生きできるというのは徳である」という意味が、

「長く生きる分、"悟り" に必要な修行ができる時間を頂ける事になる為、 "徳" になる」 と言う。





DSC00018.jpg 



そして、人間の寿命が長いというのは、徳からだけでは無く

その人の "業の深さ(エネルギー)" から来る場合もあるらしい。









今日のあなたの応援が、明日の更新の励みになって。
宜しければ、ここをポチっとお願い致します o(^▽^)o





スポンサーサイト

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。