たゆたえども、沈まず (穏やかな場所へ)
- 2011/05/27(Fri) -
今年は、
ブロ友さんの愛犬の訃報がたくさん入ってくる様な気がします。

私が「死」という事を漠然とではありますが考えたのは、多分小学1年生の時 

DSC03667.jpg
小学校へ入学して初めての冬休み。

外で遊んでいる私も元へ、
「お友達のちえこちゃんが、突然亡くなりました」とちえこちゃんの ご近所の方が
私を訪ねてきました。
DSC03431.jpg
「今日、お通夜なので来てあげてね」と。

でも幼い私には、どうしていいのかさえわからず 寒い中じっと佇んでいました。

どのくらいの時間、そうしていたのか記憶にありませんが、

ぼんやりと家に帰ると母が、
「お友達が亡くなったんだから、今晩お別れをしに行こうね」と・・・
DSC03424.jpg
その後も、父、兄、主人、母と大事な肉親が次々と亡くなり、

仕事に復帰出来る事を支えに癌と戦っていたまだ若い友人までもが・・・

彼女の亡くなる一ヶ月程前から、
夜中の12時頃になると頻繁に家電がなり、部屋の子機で取るとすでに切れていて、

翌朝親機の着信履歴を調べると履歴が残っておらずと云う事が続きました。

DSC03360.jpg 
一時期、「私の大切な人は必ず私の元を去っていく」という思いから 抜け出せずにいました。
(母は、それなりの年齢まで生きていましたが
  他の人は若くして亡くなっていましたので) 
DSC03368.jpg



愛する人を亡くした時、

それはもう心が押し潰される程の悲しみが襲ってきます。

想像を絶するような焦燥感と寂寥感
DSC03366.jpg 
そんな時、

無理して頑張ったりしないで、思いっきり悲しんでいいんです。

今のあなたには、悲しむ事が・嘆く事が一番のお薬

P1090888.jpg
どうしようもなく落ち込む時、

そんな時無理に元気になろうとせず、落ち込んでいる自分を許してあげては・・・

少し落ち込んでいるだけなら、「元気を出して!」って
自分を励ますのも良いでしょうが・・・
DSC02896.jpg

でも、どうしようもなく落ち込んでいる時には、

心も身体も休むことが必要な時なのですから。


落ち込んでいる自分を受け入れ、暫くは時の流れに身を任せて
 
深い悲しみの時を過ごしながら、流されながら

生きていきましょう。
DSC02906a.jpg
今、激流に流されていても、沈まなければ

きっと穏やかな場所に辿りつけますよ。

私の座右の銘 

“Fluctuat nec mergitur (Il tangue mais ne coule pas)”
「たゆたえども 沈まず」 を


今、悲しくて堪らないあなたへ



天が下のすべての事には季節があり、
すべてのわざには時がある。

生るるに時があり、死ぬるに時があり、
植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり、
殺すに時があり、いやすに時があり、
こわすに時があり、建てるに時があり、
泣くに時があり、笑うに時があり、
悲しむに時があり、踊るに時があり、
石を投げるに時があり、石を集めるに時があり、
抱くに時があり、抱くことをやめるに時があり、
捜すに時があり、失うに時があり、
保つに時があり、捨てるに時があり、
裂くに時があり、縫うに時があり、
黙るに時があり、語るに時があり、
愛するに時があり、憎むに時があり、
戦うに時があり、和らぐに時がある。 


白バラ 
とりとめのない事を綴ってしまいましたが、
最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

少しでもどなたかの、救いになればと願っております。

  


予約投稿です。
今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・  

        ポチっとね~~   

にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へモバペ|ペット人気ブログランキング 
にほんブログ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ふたたびのたんぽぽ公園 (ママ 機嫌をなおして) | メイン | ポポちゃんの町をポポがご紹介>>
コメント
-Re: みんこさんへ-
こんにちわ

いつもありがとうございます。

思いっきり泣きましょう 
  ↓
中々思いっきりは出来ないけれど・・・
私は、じっとうずくまって時の経つの待っています。

衣を引き裂いて大声で泣いたそう
   ↓
私はこの事を知ったのは割と最近で、
宗教性の違いか、それとも価値観の違いなのか???

きっと美学が違う?
日本人は、今でも武士道精神がどこかに残っているモンネ。

耐え難きを耐え、忍び難き忍び・・・
やっぱ、美学が違うか?~~~v-394

2011/05/27 15:21  | URL | Magdalena(rovinpopo) #-[ 編集] |  ▲ top

-No title-
悲しいときには がまんせず
思いっきり泣きましょう
聖書時代のヘブライ人は衣を引き裂いて
大声で泣いたそうですし・・・
日本人は堪えるけど・・
2011/05/27 12:53  | URL | みんこ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kf1950.blog63.fc2.com/tb.php/635-cf82189d
| メイン |